【ミツバチを呼ぶ蘭】Cym.Miss Muffet(交配種)シンビジューム ミスマフェット(ミスムフェット)

【ミツバチを呼ぶ蘭】Cym.Miss Muffet(交配種)シンビジューム ミスマフェット(ミスムフェット)
在庫なし

商品詳細

【ミツバチを呼ぶラン】金稜辺,キンリョウヘン,ミスマフェット,ミスムフェット,蜜蜂,養蜂,はちみつ,ミツバチラン,分蜂,女王,ミスマフェット,ミスムフェット,デボニアナム,洋蘭図鑑,育て方,栽培,種類,,販売,通販,品種,

   

【ミツバチを呼ぶラン】金稜辺,キンリョウヘン,ミスマフェット,ミスムフェット,蜜蜂,養蜂,はちみつ,ミツバチラン,分蜂,女王,ミスマフェット,ミスムフェット,デボニアナム,洋蘭図鑑,育て方,栽培,種類,,販売,通販,品種,

 

 

【ミツバチを呼ぶ蘭】Cymbidium Miss Muffet

        (交配種)シンビジューム ミスマフェット(ミスムフェット)

    Cymbidium Miss Muffet = (devonianum × floribundum)

 

ミツバチに興味がある方や、すでにミツバチを飼っている方にはご存じの方も多いと思います。

 

  シンビジューム ミスマフェット(ミスムフェット)

 

ミツバチに関する書物を読んでみると、巣箱の近くにこの【ミツバチを呼ぶ蘭】ミスマフェット(ミスムフェット)の花を置いておくと、ミツバチが花の香りに誘われて集まってくると!!

 

しかも花の咲く時期が、ちょうどミツバチの分蜂時期とぴったり♪なのです。

 

養蜂家の方にお話を聞くと、「このミスマフェット(ミスムフェット)の花のおかげで多くのミツバチを集めることができた!」と報告を受けています。

 

★育て方ワンポイント♪

金稜辺(キンリョウヘン)と同じ環境で栽培可能ですが、ミスマフェット(ミスムフェット)は金稜辺より少しだけ寒さに弱いです。

冬場の低温期には室内で管理したほうが、株が傷まない状態で冬越しできます。

花芽が見え始める頃からは、今まで湿りと乾燥をハッキリさせる水やりでしたが、あまり乾かしすぎないようなみずやりに切り替えて下さい。

極端な乾燥状態にすると、蕾が水不足でしおれてしまうことがあります。

 

※お届けの花には、育て方(栽培)に関する説明書を同封しております。

 

 ●【花芽〜本立て】とは 

掲載現在、蕾が付いている状態の株のお届けとなります。

花芽の本数により、販売価格が違っております。

花が咲く目安は、通常4月〜5月となっております。(栽培温度により開花が前後します。)

 

 ●【次年度開花予定】とは

 現在、花は咲いておりません。

 次年度開花予定の開花サイズのお届けとなります。(開花実績ありの株。)ご注意下さい。

 株の大きさは3枚目の写真を参考にして下さい。

 次年度の開花時期はお住いの地域の温度と管理に左右されます、ご注意下さい。

 また、100%の確率でミツバチを集めるわけではありませんので、ご了承下さい。

商品詳細

開花時期
香り 甘辛いような香り(ミツバチが誘われます)
花の大きさ(横幅 × 縦幅) 横幅約2〜3cm ✕ 縦幅約2〜3cm
植物の高さ(鉢下から葉の頂上まで) 約40〜60cm
鉢の高さ 約15cm
鉢の大きさ 4.5号鉢(約13.5cm)
植え込み鉢(材質) プラスチック鉢
植え込み材料 バーク

商品の梱包と配送について


▼画像をクリックすると、拡大表示出来ます。

 

レビュー

0件のレビュー