【ブルー系中輪ボール咲きカトレア】Ctt.Sir Jeremiah Colman 'Blue Moon'(交配種) サージェレミアコールマン‘ブルームーン’

【ブルー系中輪ボール咲きカトレア】Ctt.Sir Jeremiah Colman 'Blue Moon'(交配種) サージェレミアコールマン‘ブルームーン’
在庫なし

商品詳細

■Cattlianthe(略:Ctt) Sir Jeremiah Colman 'Blue Moon' HCC/AOS

    (Ctt.Ariel×C.walkeriana)<RHS品種登録01/01/1976>

■カトリアンセ サージェレミアコールマン‘ブルームーン’ 


  

カトリアンセ サージェレミアコールマン‘ブルームーン’は、ブルー系中輪カトレアです。

大輪系の花と違って、ボール状にやや丸く咲くのが特徴で、どの角度からも花を楽しめるのがポイントですね♪

リップの中心が黄色いので、ブルー系の中でも全体が明るくやわらかい印象を与えてくれます。

 

▼開花時期は?

通常、初秋〜秋本番くらいの間に咲く事が多いです。

株の充実度や天候によって、多少の変化が発生します。

 

▼秋咲き品種の育て方は?

一般的に洋蘭の中でも、春から新芽が伸びて年内に花を咲かせるタイプの品種は育てやすいです。

大切な花芽を持っている時期に冬を迎えることなく(低温や温度変化・環境の変化)咲くからです。

低温期には新芽が小さい状態か、植物が休眠状態になっているので、花への変化の影響が小さいと見られます。

育て始めるなら秋咲きが「オススメ」と言われるのは、こんな理由があるのです。

 

▼カトリアンセ サージェレミアコールマン‘ブルームーン’はどんなラン?育てやすい?

原種カトレア ワルケリアナが直接の父親となっている交配種ですが、クセがなく丈夫で育て易い品種となっています。

株背丈もワルケリアナに似合わず高くなり、ボリューム感のある株姿となります。

2枚葉であることから、ややゴチャゴチャした雰囲気の株姿になりますが、花はしっかりと咲いてくれます!

残念ながらワルケリアナのような柑橘系の強い香は無くなり、ほぼ香のない種となりました。重ねて残念です。

 

●【蕾・花付きとは】

 掲載現在、蕾や花が咲いている状態の株のお届けとなります。

 

 ●【次年度開花予定とは】

 掲載現在、花が咲いていない状態です。

 次年度に開花予定の開花サイズ株のお届けとなります。ご注意下さい。

商品詳細

開花時期 初秋〜秋
香り 残念ながらほぼありません。
花の大きさ(横幅 × 縦幅) 横幅約8〜9cm ✕ 縦幅約8〜9cm
植物の高さ(鉢下から葉の頂上まで) 約30〜45cm
花までの高さ(鉢下から花の頂上まで) 約45〜60cm(成長により伸びます)
バルブ(茎)の数 5〜6バルブ
鉢の高さ 約16cm
鉢の大きさ 6号(18cm)
植え込み鉢(材質) 硬質プラスチック鉢
植え込み材料 バーク

商品の梱包と配送について


▼画像をクリックすると、拡大表示出来ます。

 

レビュー

0件のレビュー