【カトレアを代表する原種カトレア】C.labiata f.amoena (原種)カトレア ラビアタ フォーマ アモエナ

【カトレアを代表する原種カトレア】C.labiata f.amoena (原種)カトレア ラビアタ フォーマ アモエナ

販売価格: 4,500円(税込)

商品詳細

■Cattleya labiata f.amoena

■カトレア ラビアタ フォーマ アモエナ  


 

カトレアを代表する原種カトレア ラビアタ。

南米のベネズエラとブラジルから発見され、属名(カトレア)の由来になった原種カトレア。

 

最初にウイリアム カトレイがイギリスにて栽培・開花させたことから、カトレアという属名が誕生したのです♪

一般的なカトレアのイメージを、少しシャープにしたような花形をしている優雅な原種カトレア。

形や色彩バリーエーションも豊富で、収集意欲が湧いてくる品種でもあります♪

 

この品種は、基本的な色彩のラベンダーやピンクから、赤紫の色素が抜け落ち、極薄桃色になったやさしい花色を楽しめる品種となっています。

秋咲きのカトレアではありますが、春の訪れを感じるサクラ色を彷彿させてくれます♪

 

▼秋咲き品種の育て方は?

一般的に洋蘭の中でも、春から新芽が伸びて年内に花を咲かせるタイプの品種は育てやすいです。

大切な花芽を持っている時期に冬を迎えることなく(低温や温度変化・環境の変化)咲くからです。

低温期には新芽が小さい状態か、植物が休眠状態になっているので、花への変化の影響が小さいと見られます。

育て始めるなら秋咲きが「オススメ」と言われるのは、こんな理由があるのです。

 

▼育てやすい?

カトレアのラビアタは、ベネズエラとブラジルに原生する着生ランです。樹木、岩などに着生しています。

カラーバリエーションも、チポ、アルバ、セミアルバ、セルレアと多岐にわたっています。バリエーションって素晴らしい!

冬期の温度は一般的なカトレアタイプのように10℃以上での越冬が良いようです。当園では12〜15℃ですが・・

水やりは、乾いたのを確認してからの潅水(冷たい水は避けて下さい。)です。当園ではやや乾燥寄りの水やりローテーションとなっています。

植え替えは、花後新芽が伸び始めた頃が良いでしょう。

新芽・新根が目視で見え始めたら、乾き具合を見ながら徐々に水やりを多めにしましょう。

 

●【蕾・花付き】とは

    掲載現在、蕾や花が咲いている状態の株のお届けとなります。

  (お届け時に、開花している場合もございます。)

 

●【次年度開花予定】とは

  掲載現在、花が咲いていない状態です。

  次年度に開花予定の開花サイズ株のお届けとなります。ご注意下さい。

  こちらの株は、開花実績のある株のお届けとなります。

商品詳細

開花時期 秋咲き
香り やさしい甘い香り
花の大きさ(横幅 × 縦幅) 横幅約14〜15cm ✕ 縦幅約12〜13cm
植物の高さ(鉢下から葉の頂上まで) 約35〜45cm
花までの高さ(鉢下から花の頂上まで) 約40〜50cm
バルブ(茎)の数 4バルブ
鉢の高さ 約13cm
鉢の大きさ 4.5号鉢(約13.5cm)
植え込み鉢(材質) プラスチック鉢
植え込み材料 バーク

商品の梱包と配送について


▼画像をクリックすると、拡大表示出来ます。

 

レビュー

0件のレビュー