【ショッキング!な紫紅色中大輪カトレア】Rlc.Arthur Bossin 'Rapture'(交配種)カトレア系 アーサーボッシン‘ラプチャー'

【ショッキング!な紫紅色中大輪カトレア】Rlc.Arthur Bossin 'Rapture'(交配種)カトレア系 アーサーボッシン‘ラプチャー'

販売価格: 5,500円~6,500円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

株の状態:
数量:

商品詳細

■Rhyncholaeliocattleya Artur Bossin 'Rapture'

 (Rlc.Tampico × C.walkeriana)RHS品種登録14/08/1991

■リンコレリオカトレア アーサーボッシン‘ラプチャー'

 


 

気温が上昇してくる初夏の辺りから咲き始めるインパクトのある中大輪カトレア♪

中大輪と表現していますが、大輪よりの大きさです。

 

株姿も、ゴチャゴチャした感じではなく、すっきり成長している感じが好みのタイプです。

また、比較的コンパクトな姿をしていますので、より花が大きく見えるのもgood♪です。

 

初夏に咲く株もあれば、咲いている傍らに新芽が伸びている株もあるので、開花時期は結構ズレますね。

主にカトレア系は、夏のような高温期は成長期で、花を楽しめる品種が少ないですが、この花は楽しめる確率が高そうです。

 

柑橘系の甘い香りを楽しませてくれるのも、嬉しいポイント♪です。

 

▼初夏〜秋咲き品種の育て方は?

一般的に洋蘭の中でも、春から新芽が伸びて年内に花を咲かせるタイプの品種は育てやすいです。

大切な花芽持っている時期に冬を迎えることなく(低温や温度変化・環境の変化)咲くからです。

低温期には新芽が小さい状態か、植物が休眠状態になっているので、花への変化の影響が小さいと見られます。

育て始めるなら秋咲きが「オススメ」と言われるのは、こんな理由があるのです。

アーサーボッシンは、早い株の仕上がりなら初夏から咲き始めますが、育て方としては夏咲や秋咲と同じで大丈夫です。

基本的なカトレアの育て方で花を楽しめますので、このショッキングな色彩を味わってみて下さい。

 

●【蕾・花付き】とは

    掲載現在、蕾や花が咲いている状態の株のお届けとなります。

  (お届け時に、開花している場合もございます。)

 

 ●【次年度開花予定】とは

  掲載現在、花が咲いていない状態です。

  次年度に開花予定の開花サイズ株のお届けとなります。ご注意下さい。

  こちらの株は、開花実績のある株のお届けとなります。

商品詳細

開花時期 主に初夏〜秋咲き。不定期に冬・春に咲くことも。
香り 柑橘系の甘い香り
花の大きさ(横幅 × 縦幅) 横幅約11〜13cm ✕ 縦幅約12〜14cm
植物の高さ(鉢下から葉の頂上まで) 約30〜50cm
花までの高さ(鉢下から花の頂上まで) 約40〜50cm
バルブ(茎)の数 4〜5バルブ
鉢の高さ 約11cm
鉢の大きさ 4.0〜4.5号鉢(約12.0〜13.5cm)
植え込み鉢(材質) 硬質プラスチック鉢
植え込み材料 バーク

商品の梱包と配送について


▼画像をクリックすると、拡大表示出来ます。

 

レビュー

0件のレビュー